ダメージした毛髪はタンパク質が流出して、内部が空洞になっています。 また、外部もキューティクルがはがれ落ちているなど損傷が多く見られます。 そのようにダメージした毛髪であっても、 ケラチンPPTや細胞間脂質などの補修成分を与えることで ダメージを補修することができ、毛髪の状態を改善することができます。
TOP

Copyright© 2008 YMD.website! All Rights Reserved.