Copyright© 2008 YMD.website! All Rights Reserved.

本来、ほとんどの日本人の毛髪は黒く見えますが、 それは毛髪の中にメラニン色素と呼ばれる色素があることによって黒く見えています。 髪は毛乳頭と呼ばれる場所で毛母細胞が生み出され、 根元から押し出されて毛髪は成長していきます。 その毛乳頭の近くにあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞でメラニン色素が作られ、 毛髪の成長に合わせて取り込まれることで毛髪全体にメラニン色素が行き渡ります。 ですので、「白髪になる」ということは何らかの原因によってそのメラノサイトの働きがなくなったり もしくはメラノサイトそのものがなくなってしまうことで メラニン色素が作られなくなり、結果として「白髪」になると考えられています。  では、なぜメラノサイトの働きや存在がなくなってしまうのでしょうか? 現在、考えられているのは次の点です。  ①脱毛と同時に消えてしまう 毛髪が脱毛すると同時に、毛根部にあるメラノサイトが一緒に失われてしまう。 そして本来であれば、もう一度配置されるはずが、何らかの原因で配置されなくなる。  ②加齢によってメラノサイトの働きが弱くなる。          ③病気によって突然、メラノサイトの働きが途絶える          ④ストレスによる毛細血管の収縮で、毛根に渡るはずの栄養が少なくなり、働きが弱くなる。 またダイエット等による栄養不足で毛根に栄養が少なくなることもある。  遺伝や加齢など、ご自分では対処できないこともありますが、 ストレスや生活環境などについては見直してみて対処することも可能です。
TOP